fbpx

日本と長年にわたる交換留学経験を誇る町カラヨキ

Written by

Monika Luukkonen

モニカ・ルーッコネンはフィンランドの生活文化専門家であり、ノンフィクションライターです。

モニカの最新作『マイタイム 自分もまわりも幸せになる「自分のための時間」のつくり方 』Discover 21 より20184月出版。

この著作で、彼女はフィンランド人がどのように働く親として家庭生活とキャリアを同時に成り立たせているのかお伝えできればと願っています。

「マイタイム」というコンセプトを皆さんの日常に加えることで、慌ただしい家族との生活に調和を見出し、あなたらしさを取り戻せるでしょう。

詳しくはこちらのリンクをご覧くださいwww.d21.co.jp/shop/isbn9784799322543

また、これまでの著作は次のとおりです。

『ふだん着のフィンランド 』

www.graphicsha.co.jp/detail.html?p=31593

『フィンランド人が教えるほんとうのシンプル 』

www.diamond.co.jp/book/9784478069233.html

モニカはおよそ20年にわたり日本のマーケットでの経験があります。彼女はまた国際的マーケティングとセールス(例えばテレコムや医療技術、ビジネスコンサルティングなど)のバックグラウンドを有しています。

モニカは、日本とイギリスに二度ほど住んだことがあり、現在は彼女の故郷であるフィンランド北部のオウル市に娘と在住。

モニカは、読書、ウォーキング、瞑想や自然の中で過ごす時間を楽しんでいます。

よりモニカを知りたい方はツイッターやインスタグラムにて!

twitter.com/MonikaLuukkonen

www.instagram.com/monikaluukkonen/

翻訳:Miki Kanda

写真:Monika Luukkonen

カラヨキは日本の姉妹都市である出雲市と長年にわたる交換留学が実を結んでいると聞き、この姉妹都市についてのストーリーを知りたくてたまりませんでした。 そこで、このたびカラヨキ高校のパエヴィ・オヤラ(Ms. Päivi Ojala )副校長に話をお伺いしてきました。 カラヨキはもともと2003年に島根県多岐町との間に友好姉妹都市協定を締結しましたが、2005年に多岐町が出雲市に合併されたことから、その後出雲市の友好姉妹都市という位置づけとなっています。友好都市協力が開始され数年後、カラヨキと出雲の間で学生の相互派遣事業が発足されたのです。
READ MORE ➜

地元のうつわとガラス工芸がいざなう海辺の気分

Written by

Monika Luukkonen

モニカ・ルーッコネンはフィンランドの生活文化専門家であり、ノンフィクションライターです。

モニカの最新作『マイタイム 自分もまわりも幸せになる「自分のための時間」のつくり方 』Discover 21 より20184月出版。

この著作で、彼女はフィンランド人がどのように働く親として家庭生活とキャリアを同時に成り立たせているのかお伝えできればと願っています。

「マイタイム」というコンセプトを皆さんの日常に加えることで、慌ただしい家族との生活に調和を見出し、あなたらしさを取り戻せるでしょう。

詳しくはこちらのリンクをご覧くださいwww.d21.co.jp/shop/isbn9784799322543

また、これまでの著作は次のとおりです。

『ふだん着のフィンランド 』

www.graphicsha.co.jp/detail.html?p=31593

『フィンランド人が教えるほんとうのシンプル 』

www.diamond.co.jp/book/9784478069233.html

モニカはおよそ20年にわたり日本のマーケットでの経験があります。彼女はまた国際的マーケティングとセールス(例えばテレコムや医療技術、ビジネスコンサルティングなど)のバックグラウンドを有しています。

モニカは、日本とイギリスに二度ほど住んだことがあり、現在は彼女の故郷であるフィンランド北部のオウル市に娘と在住。

モニカは、読書、ウォーキング、瞑想や自然の中で過ごす時間を楽しんでいます。

よりモニカを知りたい方はツイッターやインスタグラムにて!

twitter.com/MonikaLuukkonen

www.instagram.com/monikaluukkonen/

翻訳:Miki Kanda

写真:Monika Luukkonen

わたしは陶芸家やアーティストの方々が作品を創り上げるまで、実際どのようにインスピレーションを得ているのかいつも関心を寄せています。 このたびのカラヨキ訪問は地方の工芸や芸術作品がもたらす具体的なローカルアートの未来を想起させてくれるものでした。 まずわたしはイソ・パハカラ(Iso-Pahkala)という陶器メーカーを訪れました。 1927年にイルマ(Irma)とカリ・イソ・パハカラ(Kari Iso-Pahkala)夫妻が家族経営のビジネスを設立し、その後パハカラ一家はホーガナス(Höganäs)という陶器産業で有名な南スウェーデンの町で過ごし、次にグスタフベリ(Gustavberg)というグスタフベリ磁器工場有名な町で暮らしました。
READ MORE ➜

Pisa Design (ピサ デザイン)

Written by

Monika Luukkonen

モニカ・ルーッコネンはフィンランドの生活文化専門家であり、ノンフィクションライターです。

モニカの最新作『マイタイム 自分もまわりも幸せになる「自分のための時間」のつくり方 』Discover 21 より20184月出版。

この著作で、彼女はフィンランド人がどのように働く親として家庭生活とキャリアを同時に成り立たせているのかお伝えできればと願っています。

「マイタイム」というコンセプトを皆さんの日常に加えることで、慌ただしい家族との生活に調和を見出し、あなたらしさを取り戻せるでしょう。

詳しくはこちらのリンクをご覧くださいwww.d21.co.jp/shop/isbn9784799322543

また、これまでの著作は次のとおりです。

『ふだん着のフィンランド 』

www.graphicsha.co.jp/detail.html?p=31593

『フィンランド人が教えるほんとうのシンプル 』

www.diamond.co.jp/book/9784478069233.html

モニカはおよそ20年にわたり日本のマーケットでの経験があります。彼女はまた国際的マーケティングとセールス(例えばテレコムや医療技術、ビジネスコンサルティングなど)のバックグラウンドを有しています。

モニカは、日本とイギリスに二度ほど住んだことがあり、現在は彼女の故郷であるフィンランド北部のオウル市に娘と在住。

モニカは、読書、ウォーキング、瞑想や自然の中で過ごす時間を楽しんでいます。

よりモニカを知りたい方はツイッターやインスタグラムにて!

twitter.com/MonikaLuukkonen

www.instagram.com/monikaluukkonen/

翻訳:Miki Kanda

写真:Monika Luukkonen & Pisa Design

春の訪れを感じはじめたある土曜日、Pisa Designの創立者であり、テキスタイルデザイナーのサトゥ・ソメロ(Satu Somero)さんに会いに、車で再びカラヨキに向かいました。 カラヨキにある彼女のスタジオの住所はとてもかわいらしく、その名も“リスの巣16番地”(Oravanpesä 16)というのですが、現地に到着した際、なぜそんなふうに名付けられているのかしら、と思いました。 サトゥのスタジオはとても温かみのある小さなコテージで、サトゥ一家の住まいに隣接しています。(ちなみに彼女は夫と小さな息子と娘のふたりの子どもたちと暮らしています。)
READ MORE ➜

カラヨキフードを味わう

Written by

Monika Luukkonen

モニカ・ルーッコネンはフィンランドの生活文化専門家であり、ノンフィクションライターです。

モニカの最新作『マイタイム 自分もまわりも幸せになる「自分のための時間」のつくり方 』Discover 21 より20184月出版。

この著作で、彼女はフィンランド人がどのように働く親として家庭生活とキャリアを同時に成り立たせているのかお伝えできればと願っています。

「マイタイム」というコンセプトを皆さんの日常に加えることで、慌ただしい家族との生活に調和を見出し、あなたらしさを取り戻せるでしょう。

詳しくはこちらのリンクをご覧くださいwww.d21.co.jp/shop/isbn9784799322543

また、これまでの著作は次のとおりです。

『ふだん着のフィンランド 』

www.graphicsha.co.jp/detail.html?p=31593

『フィンランド人が教えるほんとうのシンプル 』

www.diamond.co.jp/book/9784478069233.html

モニカはおよそ20年にわたり日本のマーケットでの経験があります。彼女はまた国際的マーケティングとセールス(例えばテレコムや医療技術、ビジネスコンサルティングなど)のバックグラウンドを有しています。

モニカは、日本とイギリスに二度ほど住んだことがあり、現在は彼女の故郷であるフィンランド北部のオウル市に娘と在住。

モニカは、読書、ウォーキング、瞑想や自然の中で過ごす時間を楽しんでいます。

よりモニカを知りたい方はツイッターやインスタグラムにて!

twitter.com/MonikaLuukkonen

www.instagram.com/monikaluukkonen/

翻訳:Miki Kanda

写真:Monika Luukkonen

次にわたしはカラヨキの地元の料理をもっと試してみたくなりました。今回初めて、娘のアマヤ(Amaya/雨夜)を連れて、Tapion Tupa(一言でいうと“クマの家”という意味です。)にランチに来ました。そしてこの愛らしいログハウス仕立てのレストランは店内でも屋外でもクマたちのオブジェを見ることができます。
READ MORE ➜